環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

ため池に魚を再放流   

とても寒い一日となっています。

池干しをしていたため池に魚(モツゴ、フナ、ドジョウ)を再放流しました。
外来魚がいた場合に駆除をして魚達を再放流することで昔ながらの生態系
が保たれます。

IMG_2202_20180124140219a30.jpg

IMG_2207_20180124140221952.jpg

ドジョウとモツゴの放流です。

IMG_1990.jpg

IMG_1993.jpg

ヘラブナの放流です。

3年後の池干しの時には大きく育って数も増えていることでしょう。
モツゴやドジョウがどのくらい増えているのか楽しみです。

フナの成魚も入れていますので沢山増えていることでしょう。



スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 2

水路の更新工事ブロックが2段目まで積みあがりました  

今週は暖かい日が続きました。
水路の更新工事はブロックが2段目まで積みあがりました。
最初の1段目の積み方が難しく、最初がずれると後までずれるので注意が必要です。

IMG_2139_201801201912300fc.jpg

IMG_2144_20180120191237974.jpg


IMG_2140_20180120191236a97.jpg

ここまで積みあがると擁壁の土が崩れる心配もなく、水も自然流下出来るので一安心です。

農道が行きどまりのために車の通行が殆ど無かったので地盤が柔らかく農道のアスファルトに亀裂が
入っています。
鉄板を応急的に敷いていますがユンボの重さで地盤が沈下しています。

ため池の工事の時にも底の地盤が柔らかく苦労しましたがこの水路でも同じようになっています。
工事は場所によって岩盤が出て掘削できなくなったり農道が沈下したりと何が起きるかわかりません。

現場で作業をされる方の臨機応変の対応が必要になります。

発注者側も現場での打ち合わせや工事の進捗状況の確認のために忙しい日々が続きます。

それでも工事が進んでゆくのを確認することが日々の楽しみとなっています。





ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 2

水路の更新工事が始まりました ・・・ 多面的機能支払制度  

例年になく寒い日が続いています。
香川県で平均気温が1度台の日が2日続いています。

水路の更新工事の掘削が始まりました。
最初は問題なく進んでいたのですが水路の東の方に岩盤があり掘削が出来なくなりました。
岩を砕くユンボをチャーターして何とか掘削することが出来ました。

IMG_2085_20180113134845aea.jpg

最初の掘削です。
この深さまではすぐに掘ることが出来ました。

IMG_2099.jpg

岩盤は削岩機で砕いています。
岩が固くて苦労しています。

IMG_2114_20180113134851b3f.jpg

掘削が終わり基礎部分の枠板を設置しています。

IMG_2110_201801131348518cb.jpg

岩盤を掘り下げた場所です。

IMG_2104_20180113134842d71.jpg

東側(ため池側)から見た水路です。
基礎の部分は深く掘削しなければいけません。

基礎部分がしっかりとしていない昔の石垣は台風の時などの水圧で崩れています。

今回はブロック積での更新工事なのでどのようにして積み上げてゆくのか
興味があります。

工事は多面的機能支払制度の長寿命化事業で進めています。
昨年から引き続いて4件目の工事発注となっています。

工事の設計を設計業者に委託して設計書と図面が出来上がってから入札をして発注して
いるので手間がかかります。

設計費用や工事費用は100%補助で事業が進められるのでとても助かっています。

私達の活動組織は今年で11年間活動を続けています。
来年で活動の計画期間が終了します。

多面的機能支払制度は法律で制度化された事業なので31年度からも再度5年間の計画を
立てれば続けることが出来ます。

ただ、事務が面倒なので(簡単なことの繰り返しですが)事務を引き受けてくれる方がいません。

頭が痛いことです。







ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 0

ため池の水をぜんぶ抜く ・・・ 多面的機能支払制度  

1月2日にテレビの番組で「ため池の水をぜんぶ抜く」の放送がありました。
長年水を抜いていない都会のため池には外来生物が沢山生息していました。

私達の活動組織も平成23年から「ため池の水をぜんぶ抜く」活動を毎年行っています。
これまでに8カ所のため池の水をぜんぶ抜き、2回目のぜんぶ抜いたため池が2カ所、
3回目のぜんぶ抜いたため池が1カ所となっています。

「ため池の水をぜんぶ抜く」以下「ため池の池干し」は外来魚を駆除して在来の生物を守る
為にとても大切な活動だと感じています。

外来生物がため池に放流されたり流れ込むと在来の生物を食べつくします。
在来の大型の成魚は生き残りますが幼魚は食べつくされます。


最終的に、外来生物だけが生き残ったため池になってしまいます。

平成23年10月に最初にため池の池干しをした状況をお知らせします。

PIC00003_20180103140825fa2.jpg

ため池の改良工事をしてから20数年ぶりに池干しをしている森本池です。
最初は、サイフオン管でため池から500メートルくらい下流にあるバルブを開け水路に水を放流します。

階段の下にあるハンドルが出てくればこのハンドルを回してため池のすぐ下にある水路に水を放流します。

PIC00001_20180103141745cc1.jpg

ため池のすぐ下の水路から水が流れ出ている様子です。
外来魚が流れ出ないように籠を置いています。

PIC00013_20180103155638af4.jpg

オオクチバスバスです。 140匹でした。当歳魚はいませんでした。

PIC00002_20180103160539bba.jpg

ブルーギルです。成魚が84匹、幼魚が24,000匹でした。

PIC00005.jpg

ブルーギルの幼魚です。
ブルーギルの幼魚は完全に駆除するのが難しいようです。

PIC00021.jpg

コウライニゴイです。成魚が12匹でした。 幼魚はいませんでした。
香川用水に混じって流れ込んだようです。

PIC00008_20180103161546618.jpg

ゲンゴロウブナです。 成魚が62匹でした。 幼魚はいません。
ゲンゴロウブナばかりが生息していたのはとても珍しいことです。

写真はありませんが、クサガメ1匹、コイ(錦鯉)1匹、オイカワ3匹、ヨシノボリ類700匹+、
テナガエビ1,000匹+、ドブガイ3個でした。

オイカワは、オオクチバスやフルーギルに食べられていたのでしょう。
ゲンゴロウブナの稚魚が1匹もいなかったのもすべて食べられていたようです。
タモロコやモツゴ等も通常は生息しているのですがすべて食べられたのでしょう。

オオクチバスの大きいサイズ(40cm以上)が居なかったのはオオクチバスが生息
を始めてから年数が経っていなかったからと思われます。

PIC00018.jpg

香川用水の流入状況です。
6月10日頃から10月の始め頃まで香川用水が流入します。

稲作に水が必要無くなった9月の終わり頃で香川用水の流入がある10月の始め頃が池干しの
時期になっています。

PIC00015.jpg

ハンドルの下にゲートがあって水を完全になくすることが出来ます。
このゲートを開けたのはため池の改良工事ご20数年ぶりで初めてのことです。

平成23年には私がブログを始めていなかったので状況の報告が出来ていなかったので
お正月休みの暇を見て投稿しました。

これからも別のため池の初めての池干しの状況を暇な時間に報告します。

定期的な池干しで、ため池を活性化させたり外来魚を駆除して在来の生物たちを守って
行く活動はとても大切なことです。

テレビの番組で「ため池の水をぜんぶ抜く」の放送は外来生物が環境を壊して
いる現状を知ってもらうにはとても良い番組だと思います。

自分が飼っていたベット(カミツキガメやミシシッピアカミミガメ、ワニなど)を放流して
在来生物が生息出来なくなることや子供たちに危害を与えることがあります。

オオクチバスはルアーフィッシングの為に放流されている現状ですが
釣りの楽しみの為に在来生物が生息出来なくなるので絶対に放流しないようにしましょう。







ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 0

水路横の竹木の伐採 ・・・ 多面的機能支払制度  

ため池のすぐ下の水路横の竹木の伐採をしました。
年明けから水路の更新工事を予定しており、12月末に入札を控えています。

多面的機能支払制度の長寿命化事業で工事を進めますが、工事をすべて業者に任せるのでなく
活動組織の直営施工部分が必要になりました。

そこで、準備作業として水路横の竹木を私達活動組織が実施しました。

IMG_2000_201712241057520fa.jpg

伐採前の竹木の様子です。
昨年測量の為に太い木を伐り竹も一部切り取りましたがまだこんなに沢山生えています。
工事がしやすいように巾1mは伐採しなければなりません。

IMG_2001_20171224105803cc7.jpg

伐採中の様子です。
最初は下の手の届く所から伐っています。

IMG_2006.jpg

伐った竹や木を細断して軽自動車と運搬車に積み込んで運び出しています。
運搬車で山の中の小道を通りヒノキを植林している山へ捨てました。
水利組合長の山です。 10年も経てば山の肥料になることでしょう。

IMG_2007_2017122410580261e.jpg

IMG_2008_2017122410575273a.jpg

綺麗に伐採が終わりました。
この水路をコンクリート練組ブロック水路に改修します。

多面的機能支払制度の長寿命化事業で施工を行うので国50%、県25%、市25%の100%補助事業です。

「準備工のうち草刈り及び竹木の伐採を除いて発注している」と現場説明書の特記事項に明記しています。

長寿命化事業の申し込み件数が多くなって予算が足りないのか直営施工部分を工事の中に入れないと
補助率が下がります。

私達の活動組織は今年度で長寿命化事業の取組をやめます。
今後、引き続き5年間の計画で事業を進めると、基盤整備が終わっている地域なので補助金の額が大きく
なり過ぎて事業個所が見当たらないからです。

そのようなことから当初、3年間だけ補助金をいただけるよう計画しました。

本当に困っている地域に補助金を使ってもらったらと思っています。







ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 4

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。