環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

苗のプール育苗 ・・・  

4月19日(水)、20日(木)と苗のプール育苗を行いました。
19日に葉が長く伸びていて緑化が進んでいる苗を75枚プール育苗しました。

IMG_0596.jpg

ビニールシートを2枚重ねてその上に苗箱を置いてゆきます。
外枠には間伐材を利用しています。

IMG_0597.jpg

手前側の虎の縞々模様が今日設置したものです。
向こう側に青い網をかぶせているのが昨日設置したものです。

IMG_0599.jpg

水を入れてプール育苗の完成です。

4月9日(日)  モミまき
4月13日(木) 苗箱の段積み
4月17日(月) ビーニルを取り除く
4月19日(水) プール育苗の設置(75枚)
4月20日(木) プール育苗の設置(75枚)

青い網はスズメの被害防止と防寒、防風のためにかぶせています。
苗が大きくなれば取り外します。

残りの30枚の苗は家の前のかど先に置いています。
毎日見て成長の様子を楽しむために近くに置いています。

風が強く吹いたり寒くなったりと気温の変化が大きい時期なので育苗には気を使います。
しかし、苗は心配するほど弱いものではありません。

プール育苗の利点は毎日2回の水の散布が必要なくなり安心して苗を育てられます。
水の中なので稲の根がしっかりと伸びて活着の良い苗が出来ます。

田植えは5月7日頃を予定しています。


追記です。

兄のところのログハウスの建築の手伝いに行っているので
ゆっくりと楽しみな農作業が出来ません。
ログハウスの建設は当分の間かかりそうなので草刈り作業が遅れ気味です。







スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 稲作

tb: 0   cm: 4

稲の苗の成長 ・・・  

4月17日(月)暖かい日が続いたので稲の苗が大きくなっています。
気温が高いとびっくりするほど苗の芽が伸びます。

IMG_0584.jpg

4月9日(日)  モミまき
4月13日(木) 苗箱の段積み
4月17日(月) ビーニルを取り除く
4日毎の作業になります。

IMG_0588.jpg

苗箱の上部の64枚は伸びすぎ防止のために苗箱の運搬用の棚に入れています。
写真は下の方の苗の様子です。
青い網はネズミの侵入防止のために囲っています。
今日は、雨が降っていますが晴天の時には寒冷紗をかぶせます。
寒冷紗はスズメ食害防止を兼ねています。

IMG_0586.jpg


納屋の中で緑化をしている苗です。
4日間ですごく伸びています。
後1日遅れれば大変なことになります。
明日の夕方には黄色から緑色に変わっていることでしょう。

IMG_0580_2017041718532121e.jpg

昨日は、米ぬかを37袋/100アールの散布と散布後に130アールの耕運をしました。
息子が手伝ってくれたのでトラクター2台ですべての作業を終わらせました。

米ぬかが田んぼ1枚分24アール足りなかったので田植え後に散布をすることにしました。


IMG_0570.jpg

長い期間楽しませてくれた今年の桜です。
この雨で散ってしまいます。

日本中から美しい花の便りを届けてくれています。

桜の花を見るたびに日本に生まれて良かったと思っています。

最近は、外国の方も日本の桜見物に沢山訪れているようです。

花の美しさや日本の国土の素晴らしさに感動されていることでしょう。






ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 稲作

tb: 0   cm: 4

苗箱の積み替えです ・・・  

9日(日)にモミまきをして4日目、早くも芽が出ていました。
雨が多く、気温も低めでしたが順調に芽が出ました。
昨年と同じ日数です。気温が低かったので苗箱の上下とも芽の出る状態は同じでした

IMG_0555.jpg

モミの芽が出たところです。

IMG_0557.jpg

IMG_0558.jpg

苗箱の積み替えが終わりました。
種もみが土から出ている時は土を被せながら積み替えます。

下に敷いているブルーの網は積んだ苗箱に巻き付けてネズミの被害を防ぎます。
網をしていないと必ずネズミの被害に遭っていました。

私の大好きな幾何学模様が出来上がりました。
写真に撮っているので確認できますがすぐにビニールやブルーシートを被せるので
確認出来なくなります。

4日後には外に出す予定ですが天候しだいです。

IMG_0560.jpg

ビニールシートの上にむしろを被せてブルーシートを被せています。
こんな簡単な方法でビニールハウスが無くても芽だしが出来ます。

追記です。

今年は、桜の開花が遅れて入学式の頃まで咲いています。
私の子供の頃と同じような状態です。

新学期、校舎の窓から桜の花を見ながらの授業が懐かしい思い出です。












ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 稲作

tb: 0   cm: 4

モミまきをしました。  

雨の日が多いのでモミまきの予定が立ちませんでしたが日曜日になってやっと晴れるとの予報でした。。

4月1日にモミの温湯消毒をして水温を15度に保っていたので8日の朝、水温の設定を27度にしました。
14時頃、早くもモミの芽が出始めていたので水切りをして水道水で冷まし袋に入れたままつり
さげて乾燥しました。

モミは100度/日で芽が出てくるので1週間で芽が出てくる計算になります。
最後に芽出しをそろえるために27度で加温しました。

4月9日(日)朝は雨が降っていましたが昼から晴れる予報だったので11時頃からモミまきを始めました。

IMG_0523.jpg

モミまき器です。手前がモミまき用で奥が覆土用です。
(同じ仕様です。)

IMG_0524.jpg

モミまき器が薄まき(芽出しモミで1箱110gから120g)に対応出来ていなかったので
下側の歯車を小さいものに変えてベルトを1回り小さいものに変えています。

IMG_0525.jpg

苗箱をはしごの上に置いてモミまきをします。
一度に18箱を並べてモミまきと覆土をします。

IMG_0527.jpg

モミまき前のモミの状態です。
少し芽が出ています。

IMG_0532.jpg

同じ速さで押して行かなければいけません。スピードが変わるときれいに蒔けません。

IMG_0535.jpg

息子と娘夫婦と孫たちが手伝ってくれています。
モミまきと田植えは手伝いに来ます。

IMG_0539.jpg

逆方向から覆土してきます。
一度戻って2回目で覆土が終わります。

IMG_0542.jpg

モミまきが終わった状態です。
案外きれいに蒔けているでしょう ・・・

IMG_0548.jpg

IMG_0549.jpg

ビニールを被せてむしろを被せてブルーシートで覆って完成です。
約3時間でモミまきの終了です。
3日程で芽が出揃います。


経費は
種もみ代  19kg 10,906円
土代   1000kg 16,500円 (トン袋で購入)
合計          27,406円です。

  1箱当たり 27,406円/180枚=153円です。
手間がかかりますが、楽しみながら良い苗が出来るのでチャレンジしてみてはいかがですか。

苗土は100kgくらい余りますがお花の栽培に利用しています。

この方法だとビニールハウスが無くても育苗が出来ます。

大規模農家さんは散水、モミまき、覆土がベルトコンベアーで移動しながら自動で
出来るのでとても早くて簡単です。
規模が大きくなるほど仕事は楽になりますが初期投資と倉庫が必要になります。

小規模年金受給農家は時間が取れるのでのんびりでも良いです。








ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 稲作

tb: 0   cm: 4

種もみの温湯消毒をしました。  

4月1日(土) 種もみの温湯消毒をしました。60度の温湯で10分間です。
環境にやさしい農業のためには極力農薬を使いません。

IMG_0484.jpg

大鍋を使っての温湯消毒です。
ドラム缶にすっぽりと入る大鍋です。
1人では持ち上げられません。

IMG_0485.jpg

薪はロケットストーブに使っているものを利用します。
ヒノキの間伐材をたくさんストックしています。
小切りと薪割りが簡単でとてもよく燃える優れものです。
炎は生きているように様々な形に変化しながら燃えています。

IMG_0487.jpg

タイマーで10分計りながら熱がまんべんに行き渡るように種もみの入った袋を上下します。
1袋に5kgの種もみが入っています。
1度に2袋ずつ消毒します。
60度に保つために薪をくべたり水を加えたりしながらの10分間です。

IMG_0490.jpg

温湯で温まったもみは冷たい水で冷まします。
水で冷まさない状態で放置してると種もみが茹で上がってしまいます。

IMG_0480.jpg

今回使用した種もみ19kgです。
これで180枚の苗を作ります。

昨年は17kgでしたが今年は2kg増やしました。
1箱当たり105.6グラムの種もみです。
昨年が94.4グラムだったので11.8%増です。

田植えをしてからの天候の関係で薄まき疎植では収量は思うほど上がらないことの改善です。
昨年は6月の分げつの時期が天候不順でした。

分げつが思うように増えなくて結果は思ったより悪かったです。

農協の密植苗を使っている農家では豊作でした。
6月の天候不順が分げつを抑えたのが幸いしたようです。

IMG_0480.jpg

今回使った種もみです。
4kg袋が4袋と1kg袋が3袋です。
種もみは農協で購入しています


IMG_0492.jpg

時間の計測に使用しているタイマーです。
マグネットがついているので軽トラにくっつけて計測しました。
10分でブサーが鳴ります。



追記です。

IMG_0494.jpg

匂い水仙ジョンキルです。
ムスカリの鉢の中に球根が混じっていたようです。

長い間綺麗な花を咲かせています。
紺色のムスカリのなかで輝いています。

4月に入って今年も稲作が忙しくなってきました。
楽しい季節の訪れです。













ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 稲作

tb: 0   cm: 6

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。