環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

ソーメン流しの竹つくり ・・・  

ソーメン流しに使用する竹を切りにゆきました。
ソーメンを食べる器も竹で作ります。

器作りは小さい子供でも自分で作ります。

IMG_9490.jpg

カットされた竹です。
8メートル余りあります。

あまりにも長いので運搬に苦労しました。

IMG_9487.jpg

カットする位置にしるしを付けて丸鋸で片方ずつカットします。
カットはログハウス作りをしている私の兄が毎年行います。



IMG_9478.jpg

竹を伐採した横の山は、林業研究会の会長の山です。
理想的な山に仕上がっています。

ヒノキの枝打ちは9メートルの高さまで出来ています。
軽トラックで山の上まで登れます。

IMG_9470.jpg

山には、シイタケのほだぎがムカゼ組にされています。
沢山の植菌も並べる作業も山の手入れも会長(86歳)が1人でしています。

9メートルの高さの枝打ちを1人でするなんて私には考えられません。

IMG_9499_201609281009528f0.jpg

「森の楽校」が行われるさぬき市民百年の森です。

8年間風雨にさらされて汚れが目立っていた看板を作業の後で
感謝をこめて汚れを洗い流しました。(友人と二人で)  みんなに内緒で ・・・

明日、みんながやってきたら驚くことでしょう。

次回は森の楽校です。



スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: さぬき市林業研究会

tb: 0   cm: 6

「森の楽校」の準備作業  

「さぬき市民百年の森」で森の楽校が9月25日に開催されるので準備作業のため
帽子掛け作りの為のヒノキの穂先を伐採しています。

IMG_9421.jpg

密植して植林されている山で間伐を兼ねて帽子掛け用のヒノキを伐採しています。

IMG_9432.jpg

「森の楽校」が開催される「さぬき市民百年の森」の広場です。
手入れが行き届いています。

私は、この場所の清涼感が好きです。

IMG_9440.jpg

広場のすぐ南側の砂防ダム(昔ながらの石垣)が瀧になって水が流れています。

私は、特にこの場所が好きです。

石垣を流れ落ちる音で心が癒されます。

IMG_9492.jpg



IMG_9494.jpg

カメリア温泉横の門入ブリッジに向かって真っ赤なヒガンバナが咲いています。
赤い花と、橋の赤とが一体となっています。

自然豊かな門入の里で森の楽校が開催されます。

私達は明日も準備作業です。

明日は、ソーメン流しの竹を切って半分に割り、組み上げます。

すでに「森の楽校」は終わりましたが順を追って報告します。





ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: さぬき市林業研究会

tb: 0   cm: 4

台風16号とため池の防災効果 ・・・  

台風16号が高知沖を通過しました。
大雨の影響で各地に被害が出ています。

被害に遭われました方にお見舞い申し上げます。

20日の未明からの雨でさぬき市の多い所で214mm、少ない場所でも113mmほどの雨が降りました。
雨のピーク過ぎ頃(14時過ぎ)では田んぼは水浸しになっていました。

2日程水を排水したため池はまだ満水になっていませんでした。

大雨の間は、田んぼからオーバーした水で低い所の田んぼは水浸しになりました。

もし、ため池が雨水を溜めなければ大きな被害で出ていたかもしれません。

IMG_3588.jpg

下流の田んぼは水浸しです。
畔コンを超えて川の水が流入しています。
雨のピークではもっと川の水が多かったと思います。

IMG_3634.jpg

同じ場所の約3時間後の写真です。
水位が下がっています。

土の畦畔であれば毎年の大雨で形状も無くなっているかもしれません。
下流の方達は多くの費用を次ぎ込んで畔コンをしています。

IMG_3592.jpg

先ほどの田んぼの下流の広い川との合流地点です。
広い川も満水に近いので上流からの雨水を思うように排水出来ません。

2年程前に広い方の川の土砂はすべて浚渫しているので土砂は殆ど溜まっていません。

IMG_3636.jpg

上の写真の広い川を挟んだ南側の道路から撮影して約3時間後の写真です。
田んぼからの排水も少なくなってかなり水位が下がっています。
雨が止んで3時間くらいでこんなに水位が下がっています。

IMG_3593.jpg

先ほどの水路の東側の水路です。
左側の農道がコスモスの散歩道です。
こちらは大きな川からの流入は全くありません。
それでも、満水状態です。

IMG_3638.jpg

上と同じ場所からの3時間後の写真です。
田んぼからの流入が多かったので雨が止んだらすぐに水位が下がります。



IMG_3585.jpg

14時頃の雨が小降りになった時の天神池です。
昨晩までに水位を1.5メートルくらい下げていたのでまだ満水になっていません。

IMG_3597.jpg

同じ時刻の田中大池です。
こちらのため池は、稲作に使用したので、すでに水位が2.5メートルくらい下がっていました。
まもなく満水になりそうです。

IMG_3609.jpg

約2時間後に田中大池の水が満水になり余水吐から水が流れ始めました。
(ため池の面積が広いので40cmくらいでも沢山の水を溜められます。)

余水吐に集まっている木くずや枝などを川に流さないように取り除いている間に水がオーバーし始めました。

このように、台風の大雨の間、ため池で貯水して水路に流していません。

ため池の水を流さなくても下流の田んぼが水浸しになっています。
ため池の水位が下がっていなかったら(満水状態であったら)
下流地域で家屋の浸水被害が出ていたかもしれません。

ため池の水の状態を事前に確認して、水の量が多ければ
事前に水位を下げておくことが簡単な事ですが
大きな威力を発揮します。


ため池の決壊の防止にもなります。

多面的機能支払制度の防災、減災力の強化の活動によって地域住民の大切な命や財産を
守ることが出来ます。

被害が出てからの修復作業には莫大な費用が発生します。

人の大切な命は元には戻りません。



追記です。

上流のダムが次々と大雨の最中に放流します。

事前の対応をしていると思いますが放流によって堤防が決壊して家屋が浸水が発生したりしたこともあります。

大雨の最中のダムの放流を出来るだけやめて事前の事前の対応をして頂きたいものです。

下流で、ため池の事前放流などで対応しても河川が決壊すればどうしようもありません。

いつものことですが放流のサイレンの音を聞くたびにとても不安な気持ちになっています。







ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 4

台風に備えてため池の水を排水  

台風16号が近づいています。
満水のため池は少しの雨でも余水吐から水がオーバーします。

ため池は雨水の調整池も兼ねているので水位を下げておきます。

IMG_3566.jpg

満水状態の森本池です。

IMG_3569.jpg

満水状態の天神池です。

IMG_3562.jpg

天神池の末端で排水の開始です。

IMG_3565.jpg

森本池の末端で排水の開始です。

水は勢いよく水路に流れ出しています。

台風が近づいて大雨になる前にため池の水位が下がるので止水して水を溜めます。

少しの配慮ですが大きな成果を発揮します。

稲作に使用した他のため池の水位はかなり下がっていました。
そのようなため池の排水はしません。



追記です。

IMG_3571.jpg

天神池の遠景ですが昨年までヒシの葉が3分の1くらいため池を覆っていましたが
草魚を3匹放流してから今年は全くヒシの葉が出ていません。

恐るべし草魚の食欲です。

別のため池では、昨年の10月に池干しをした時に捕まえた鮒を大量に放流した結果
今年は全くヒシが発生していません。

何年もため池の全面を覆っていて邪魔になっていたヒシがすべて食べられたのです。
このような駆除の方法もあるのかと驚いています。

IMG_3576.jpg

昨年までヒシがため池の全面を覆っていたため池です。

今では全く見かけません。









ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 2

みろく公園のヒガンバナ  

百年の森で草刈りをして帰り道にみろく公園のヒガンバナを見に行きました。

IMG_9403.jpg

IMG_9404.jpg

IMG_9408.jpg

黄色のヒガンバナは終わりかけで、薄赤いヒガンバナが見ごろでした。
白い花はこれからという状況でした。

以前は土が見えないくらい咲いていたそうですがイノシシに掘り返されて花の数が減っているそうです。
早朝には、猿が群れでやってきて近くの栗林へ食事に行くときに立ち寄るそうです。

公園のヒガンバナでも安心して咲き続けられないほど里山も野生動物の被害に遭っています。

それでもいろんな色のヒガンバナを見て心が和みました。

獣害を考えると複雑な気持ちです。

IMG_9412.jpg

私の田んぼの近くに珍しい野草が咲いていました。

ジャノヒゲの花でしょうか ・・・


IMG_9414.jpg

7月11日に種を蒔いたコスモスがすでに発芽していました。

早いものですね。

私の田んぼの畔でもヒガンバナの茎が伸び始めました。

まもなくお見せすることが出来そうです。




追記です。

楽天モバイルのスマホを購入しました。

3.1GBプラン、5分かけ放題プランで月額2,450円です。

今まで使っていた携帯より安く使えそうなので購入しました。

家の中ではWI-FIで使用しています。

セットアップに手間どりましたが少しずつ使えこなせるようになっています。

68歳からのスマホデビューはちょっと大変です。






ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 趣味

tb: 0   cm: 4

コスモス散歩道にコスモスの種蒔き ・・・ 約1キロメートル  

10月の中旬頃の開花を目指してコスモスの散歩道に種蒔きをしました。
8月7日に草刈りをしているので草が伸びているので草刈りから始めます。

IMG_9365.jpg

IMG_9370.jpg

次に刈った草を取り除いて管理機で耕運します。
管理機は4台使用しました。

IMG_9375.jpg

種まきと肥料の散布をします。

IMG_3554.jpg

いちばん南の区画です。

IMG_3559.jpg

2番目に南の区画です。

IMG_9376.jpg

私達の集落が管理している区画です。

次の区画はずっと北側に大きな白い建物が見えていますがすぐ近くまで500メートルくらい先まであります。
殆どが農道の法部分です。

毎年、同じ時期に同じことを繰り返してします。

10月の半ば頃からコスモスの花がちらほらと咲き始めます。

地域の人達の憩いの場が出来上がります。
今回の種まきは33名の方が参加してくれました。

沢山の方が参加して種まきをすることで地域環境を美しくすることを担っていると自負出来ます。

このようにしながらゴミのポイ捨ても少なくなり地域が美しくなってゆきます。

10月中旬頃から散歩に最適な気候になりますからみなさんおいでください。










ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 4

ため池の倒木の取り出し ・・・ 多面的機能支払制度  

ため池の余水吐の工事が竣工してユンボを持ち帰る前にため池の中の
倒木を業者さんの好意で取り出します。

IMG_3485.jpg

最初は、この1本で全部取り出せると思っていましたがそうではありませんでした。

IMG_3489.jpg

ユンボで引っ張ると木の根元の方からガスが沢山出始めました。

IMG_3495.jpg

最初の1本目を取り出しました。

IMG_3500.jpg

次に2本目の取り出しです。
今度はため池の中ほどまで歩いてゆかなければなりません。

泥が深くて体が沈んでしまします。
考えた結果、丸太を足場にして歩いてゆくことになりました。


先ほど取り出した太くて長い木を切って足場にしました。
二本の竹でバランスを取りながら木の上を歩いてゆきました。


倒木にワイヤーを結んでいます。

IMG_3507.jpg

2本目を引っ張っています。

IMG_3506.jpg

倒木が根がついたまま倒れ込んでいるのでユンボの後ろが持ち上がっています。

IMG_3511.jpg

2本目を引き上げて細断しています。
手前の木が足場に使った丸太です。

IMG_3518.jpg

根元の土を落として持ち上げています。

IMG_3519.jpg

3本目をワイヤーで結わえるために丸太の上を歩いています。

IMG_3550.jpg

残念ながら1本だけ残ってしましました。
足場丸太より遠くにあるので歩いてゆくことが出来ませんでした。

水が満水になると見えなくなるということで諦めることにしました。

冬場にもう一度水を抜いてため池の周りの木を切る予定です。

手入れが出来ていないと漏水の原因になります。

ため池が決壊すのるのは手入れが行き届いていないことが
原因になっていることが
多いのではないでしょうか ・・・


満水になったため池が決壊すれば家屋が流されることもあります。

ため池を作ったら、きちんと管理をしなければなりません。

香川県には大きなため池から小さなため池まで数多くあります。

苦労して作ったため池をきちんと管理して大切に利用しましょう。

先人が残した、私達の貴重な財産です。



追記です。

IMG_3206_20160909101747a28.jpg

ため池の水を排水している時の写真です。
手前やゆるの向こう側に倒木が沢山写っていましす。

ネットで購入したゴム長が役立っています。

退職して10年目の私も役立っているのかな ・・・

地域に貢献することが健康で元気に生活できることかなと感じています。

今年の夏の暑さは年金農業者に厳しかったです。








ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 4

ため池の余水吐の修復工事が竣工 ・・・ 多面的機能支払制度  

7月1日に余水吐からの水漏れが見つかったため池の修復工事が完成しました。

IMG_3431.jpg

手前の擁壁(水止め)の次に基礎コンクリート打ちです。

IMG_3481.jpg

水路の擁壁がたちあがりました。

IMG_3484.jpg

水止めの擁壁に埋め込まれた強化プラッチックと側壁、基礎コンクリートが繋がって水漏れを防いで
います。
この部分とても参考になります。

IMG_3529.jpg

竣工写真です。
私が生きている期間はびくともしそうにありません。

10年間で3か所目の余水吐の漏水の修理でした。

IMG_3158.jpg

発見した時の余水吐の漏水箇所の様子です。

IMG_3532.jpg

竣工写真です。

堤の上から撮影しています。

IMG_3543_20160907224112e2e.jpg

砂とセメントを混ぜて堤が浸食されている所へ塗り込みました。

切り株が見えます。

10年前は殆ど管理されていなかったため池です。


最初に漏水の確認をしている所の状態です。

7月の初めに漏水を見つけてから時間が経ちましたがやっと竣工しました。
その間、水量が増えないように排水をしたりと管理が大変でしたがこれで一安心です。

19箇所あるため池の1つですが何度も足を運んで作業をしたのですっかりと愛着がわきました。

このようにしてため池の状況が少しずつ改善されてゆきます。

次回は、ため池の中ほどに沈んでいる太い倒木の取り出し作業を投稿します。
ユンボと倒木との綱引きです。




ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 2

コスモス田の耕運と種まき ・・・ 多面的機能支払制度  

今年もコスモス祭りに向けてコスモスの種蒔きをしました。
コスモス祭りは10月30日(日)の予定です。

写真に写っている田んぼすべてにコスモスの花が咲きます。

IMG_3437.jpg

稲刈りが終わった田んぼを耕運しています。
朝の8時からの作業です。

IMG_3471.jpg


夕方5時からコスモスの種蒔きと肥料を散布しています。
種まきと肥料を散布する人は別の人がします。

耕運してか田んぼが乾くのを待つために夕方の種まきです。
田んぼが湿っているとうまく溝付け作業が出来ません。

種まきは花が咲いた時に蒔いた状態が結果になって出てくるので責任重大です。

IMG_3473.jpg

溝付け作業です。
溝をつけていないと大雨で田んぼが冠水したときにコスモスの種が腐ってしまいます。

IMG_3479.jpg

耕運機で溝付けをした後、きちんと水が流れるように手直しをします。
この作業をきちんとしていないと田んぼから水が流れ出ません。

IMG_3440.jpg

少し前にライオンズクラブさんが種まきをしたコスモスの芽が出ています。
コスモス祭りの時には約2ヘクタールの田んぼに花が咲いてとても綺麗です。

国道11号線沿いですので車で走りながら見ることも出来ます。

今年は、台風が来ていないので綺麗に花が咲きそうです。







ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 6

田ウナギを捕まえました  

水路に流れ着いている草を取り除いていいるとウナギのような田ウナギが見つかりました。


IMG_9349.jpg 



IMG_9348.jpg

見つけた時はウナギの子供かと思い、よく見ると田ウナギでした。
ひれがないのですぐに判ります。

長さは約30センチメートルくらい有ります。
ひれがあればウナギです。

ウナギであればため池に放流して池干しの時にかば焼きが出来るのですが ・・・

IMG_9356.jpg

香川県では生息が珍しようですが私は毎年見かけます。

飼ってくれる人を探しましたがいません。
昨年2匹差し上げましたが元気に餌を食べているとのことでした。

今年は飼いたいという方がいないので元の場所に放流することにしました。


IMG_9357.jpg

水の中に放したのですが土の上に這い上がって
土の中にもぐってしまいました。

フナやタナゴと違って土の中にもぐって生活出来るので条件が悪くても生息できそうです。


追記です。

稲刈りが終わって、コンバインの掃除をしたりとのんびりと過ごしていましたが
久しぶりに畔の草刈りをしました。

畔がきれいになるのと適当な汗をかくので夕食時の晩酌がとても美味しいのです。

年金農業者は楽しみながら農作業をするので健康維持に役立っています。

お米の収穫も大事ですが美しい農村風景を作り出すことも大切なことです。











ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 趣味

tb: 0   cm: 2

空を泳ぐ鯉 ・・・  

天気の良い日の鯉の撮影はとても難しいです。
水面に青い空が写ってしまうからです。

IMG_9304.jpg

そこで、空の上に鯉を泳がせてみました。


5月14日に鯉屋さんのガラス水槽の中で泳いでいた小さな白写しを購入しました。
田植えが終わって心にゆとりと時間ができた頃です。

色も出ていない赤ちゃん鯉です。


IMG_8523.jpg


IMG_3460.jpg

9月2日の写真です。
黒がしっかりと出てきて様変わりしています。
大きさも25センチメートルを少し超えています。

稲刈りが終わって時間が取れたので生簀の中からすくい出しました。

田植えをしてから稲刈りをするまでの4か月足らずの期間です。
稲の生長も早いですが鯉の生長も早いですね。

これだけ大きくなれば他の鯉たちと仲良く泉水の中で泳ぐことが出来ます。
あまり、小さいとポンプにまき込まれて粉々にされてしまいます。

IMG_9299.jpg

そこで考えたのが、稲作で苗を育てる苗箱を10枚繋ぎ合わせて小さな生簀を作り
泉水の中に浮かべました。

この水槽の中で25センチメートルの大きさになるまで育てています。
あと、3匹20センチメートル弱の稚鯉が水槽の中で育っています。

秋の終わり頃には泉水の中でほかの鯉と一緒に泳げる大きさになることでしょう。

その時にはまたブログに投稿します。


昨年、デメリン水和剤でイカリムシを完全に駆除してからイカリムシは発生していません。
錦鯉に全く影響が無く、イカリムシが脱皮できなくなり完全に駆除出来るのです。
デメリン水和剤は農家の店(しんしん)で売っていました。


追記です。


IMG_3456.jpg



IMG_3457_20160903101214f6c.jpg

屋敷周りの岸に水仙が咲いていました。
花の名前は調べていませんが暑い夏の間じっと休眠していたのでしょう。

熊も寒い時期は穴の中で休眠します。

人間は夜、休眠します。
涼しくなってきたので心地良く眠れる季節になりました。








ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 趣味

tb: 0   cm: 2

稲刈り最終日 ・・・ あっけなく終わった  

8月31日(水)例年になく8月中に稲刈りが終わりました。
田植えが5月8日(日)頃で例年より1週間早く植えたので計画通り8月末で稲刈りが終了。

やはり、9月3日(土)から台風の影響で雨が続きそうです。

こんなにも予想が当たったのは珍しいですが、過去の天気の統計を利用しただけのことです。

IMG_9328.jpg

安治川の外周2周り目です。

IMG_9330.jpg

田んぼ2周りでタンクがモミで一杯になります。
田んぼの畔側ほど収量が多いようです。
タンク一杯で約300kgくらい入っています。

フレコンの1300を2個並べて前に2杯分、後ろに1杯入れて弟の所の乾燥機に持ち込みます。

IMG_9334.jpg

慣れてくると走行をオートにして自走させながら私が別の場所から撮影しています。

IMG_9337.jpg

運転しながら上からの撮影です。

IMG_9338.jpg

最後の3列です。
ツバメが多く飛び交っています。

IMG_9339.jpg

最後の列も自走させながらの記念撮影です。

今思うと、私にアクシデントがあって(飛び降りた時に足をねんざするとか)
コンバインにたどり着かなければ
コンバインは畔を超えて水路へドボンと落ち込みます。


後日、近所中のうわさになります ・・・

やはり、コンバインを止めてから撮影するべきであると反省しています。

今日の稲刈りは23アールと24アールの2枚でした。
しかも、24アールの方は大雨の前に1袋分刈って済ませていました。

そんなことで余裕を持って作業を終了してコンバインの洗車まで終わらせました。

収量については見かけほどは有りませんでした。
坪45株で1から3本植えでは肥料を多めにやらないと分げつが取れないのかと ・・・

米ぬか140kg/10アールと元肥に10-10-10を10kg/10アール、穂肥に尿素を少量では
肥料が少なかったかもしれません。
6月と7月の初めにかけて雨が多かったので田んぼに水を入れる必要が殆ど無かった
ことで流入水からの肥料分が不足したのかもしれません。

通常であれば葉の色が青くて穂肥がやれない安治川に穂肥の尿素を散布することが
出来たのも珍しいことでした。

ため池の水を利用している無農薬田は茎肥にも尿素を散布していたので少し収量が多くありました。
収量が逆になったのは長年作ってきて初めての経験になりました。

流入水の肥料分の事まで考えていなかったことが今年の反省点になりました。

7月、8月と良い天気が続いたのでお米は実張りの良い美味しいお米に仕上がりました。

今日の昼ごはんに試食してみました。

甘酒を作っていたので甘酒の味見をした後の食事でしたが、新米は甘味があって美味しくいただきました。
やはり、米ぬかを入れ続けた田んぼの成果でしょうか ・・・


追記です。

IMG_9326.jpg

雨が2回ほど降ってカラカラになっていた地面に雨水が吸収されたとたんに夏ズイセンが
にょきにょきと伸びてきて花を咲かせました。

以前に投稿した夏ズイセンは椿の枝の下の日陰で咲いていました。

カラカラの地面の中で雨を待っていたようです。

球根の生命力は凄いですね ・・・









ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 稲作

tb: 0   cm: 4

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。