環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

スクミリンゴガイが近くの田んぼにも  

IMG_2517.jpg

スクミリンゴガイが近くの田んぼで生息していました。
最初は、食用として導入され、盛んに養殖されましたが、放棄されたり、逃げ出したりしてたくさん見かけます。

少し前まで、私の田んぼにも生息していました。
現在は、捕りきりましたが厄介な生き物です。

稲が小さい時、水没に近い苗が食害にあいその部分が全滅することもあります。
小さい苗や、田んぼの高低差があれば被害が大きくなります。

しかし、利用法に依っては除草剤を使わない稲作に利用されています。
水管理を上手に行うことで草を食べてもらうことで稲を作ります。

しかし、わざわざスクミリンゴガイを放流してまで実施はしないようにしましょう。
逃げ出して他に迷惑をかけない為に・・・

IMG_2521.jpg

スクミリンゴガイの卵塊です。約2週間で孵化し、2ヶ月程で成熟するそうです。
私は、水の入り口から幅1メートル程の水路を作り、田んぼの水を少なくして
少しずつ水路に水を流し、集まってくるスクミリンゴガイを退治しました。
卵塊は見つけ次第取り除くようにしました。

2年くらいかかり駆除しました。 周りに生息していると、カラスなどが持ち込むのではないかと思っています。



スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 農業

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/105-0494b046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。