環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

11葉芽が出ました。 分けつ22本  

6月19日(木)田植え後40日目に11葉芽が出ました。分けつは22本です、
11葉芽が出たころ、葉が所々長くなって来ました。

これから、茎の成長生育になります。
チッソ分が必要になるので茎肥を施す時期です。

一発肥料などで当初に施肥した場合は、肥料の被膜が溶けて効きはじめると思います。
しかし、毎年条件が違う気候と田んぼの違いに一発肥料がきちんと対応できるとは思いません。

IMG_2672.jpg

11葉芽が出たところで、分けつは22本です。まだまだ分けつは増えてゆきます。
(この写真は1本植えの田植え後40日目の姿です)

IMG_2675.jpg

いつも撮影している場所からの無農薬田です。
ところどころに長い葉が出ています。(少し葉の色が濃くなって写っています)

IMG_2677.jpg

長い葉は50センチメートル弱です。

IMG_2674.jpg

田んぼの水が少なくなってくると一面に田を覆っていた浮草がイトミミズの土団子で蓋われてゆきます。

IMG_2673.jpg

イトミミズ団子が浮草の上から土だんごを作っています。
水がなくなれば田んぼ一面に土団子が広がって行きます。

米ぬかを散布すれば、微生物の働きで稲わらを分解し、田植え後は、イトミミズ、ミジンコ、豊年エビ、カイエビなど
多彩な微生物と、オタマジャクシやトンボのヤゴなどを育んでくれます。

田んぼは、茎の成長生育になれば田んぼを乾かします。(今までは、ずっと水を溜めていました)
丁度、この頃アキアカネがたくさん羽化します。今年はまだです。

これからは、稲の成長が早いために水が無くても、草の成長を抑えることが出来るからです。

この田んぼは無農薬8年目の田んぼです。草もほとんどありません。
やっと、草との戦いの山を越えたようです。


スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 稲作

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/113-762bb452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。