環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

8月28日 稲刈りをしました。  

稲刈り

 今年は、5月中旬から気温が上昇し、例年より1週間早い生育スピードで推移しました。
 稲の根を調べると白いきれいな根で生育し、健全な土と健全な根が保たれました。

これは、6年間200kg/10aずつ米ぬかを散布し、化学肥料を少なくしていった結果だと思います。
収量もこれまでで一番多く収穫出来ました。

 しかし、稲刈りしている右側の小さな田んぼでは、カブトエビがいなくなりコナギとイヌホタルルイが大発生しました。
 毎年、米ぬかを散布しているために有機酸によりカブトエビが生育出来なくなったと考えられます。

 ほとんど、手間のかからなかった田んぼの除草をカブトエビがしていたと思うと大変ありがたかったです。たぶんん、イトミミズのトロトロ層が出来上がったら除草出来るようになると考えられます。

 この田んぼは、竹ぼうき改良除草機、昔ながらの1条除草機で縦横2回、後は手取り除草をしました。毎日毎日小さな田んぼの中を歩きまわりました。

 お蔭で、足腰は、鍛えられましたが無農薬栽培は、体力的にいつまで続けられるか疑問です。
 
スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 稲作

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/16-5e464331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。