環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

池干しでした。  

チョウトンボが生息していたため池の池上げでした。
この池も池が完成してから一度も底ゆるを抜いていませんでした。

地元のため池の管理者の方に池上げをした方が良いと話をしていたところ、池の水を抜いているので
底ゆるを抜こうということで連絡がありました。

IMG_3508.jpg

池に生息していた魚はタイワンドジョウが15匹程と鯉とフナの稚魚が少し、ウナギ1匹、アメリカザリガニ多数
スジエビ、ヨシノボリ、モクズガニなどがいました。

IMG_3494.jpg

池の主はタイワンドジョウ83cmでした。
タイワンドジョウが15匹ほどで殆どが60cmを超える巨大なものばかりでした。
中には10cmほどの小さいのもいました。

IMG_3501.jpg

泥の中からウナギが出てきました。
70cmほどの大きなうなぎでした。

自然に生息しているウナギの大きいのを見るのは久しぶりでした。

IMG_3517.jpg

ゴミをはかすために1晩 家で飼って、次の日の夕方 関係者とウナギを蒲焼にして食べました。
天然のウナギはとても美味しかったです。

このため池はヒシが大発生していて全面を葉で覆われていました。

ヒシの駆除には、ソウギョの放流が良いと聞いていますがまだ試したことはありません。

この様に一度も底ゆるを抜いていないため池が多数あります。

倒木の除去など水の無い時にしなければなりません。

池干しは池の活性化と多様な生き物の生息場の提供などに役立ちます。







スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/190-e55b2b49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。