環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

森と自然を堪能しました。  

香川県林業普及協会の研修で岐阜県恵那町、長野県上松町方面へ行ってきました。
私達、さぬき市林業研究会の仲間達や県内の林業関係の方達との山に関する研修でした。

IMG_3570.jpg

恵那町の寺澤さんの山の見学です。

IMG_3572.jpg

雨の中の見学でしたが寺澤さんの説明を熱心に聞いています。
とてもきれいに手入れされた山です。

下草が生えて、林道が整備されています。
退職してから本格的に山仕事に従事されていて子供たちの家を自分の山の木で建てていました。

IMG_3586.jpg

寝覚めの床です。(長野県上松町)

現在の寝覚の床の姿は、水力発電のために木曽川の水位が下がったためにあらわれたものです。
巨大な花崗岩の白と、川面のエメラルドグリーンが絶妙な色彩を醸し出しています。

中央の大きな花崗岩の上には、浦島太郎が弁財天像を残したといわれている浦島堂が建ち、
徒歩で辿ることができます。

花崗岩の方状節理、岩盤に刻み込まれた歐穴は、国内でも学術的に貴重なものとして注目されています。

IMG_3600.jpg

日本三大美林のひとつに数えられる赤沢自然休養林です。
樹齢300年、雄大な木曽桧の世界が広がります。

緑の風を浴びて川の流の音を聞き、気持ちも、気分もリフレッシュします。 

森林浴発祥の地であり、2006年4月、「森林セラピー基地・セラピーロード」の認定を受けました。


IMG_3607.jpg


木曽の林業の主力を担った森林鉄道は、大正5年から昭和50年にかけて運行されていました。
そして、日本で最後の森林鉄道が王滝線から姿を消して12年後。
赤沢自然休養林で保存運行を再開しました。

園地で蒸気機関車・資料などを永久保存している森林鉄道記念館から、
往復2.2kmの復元軌道を乗車体験することができます。

人員の輸送を目的とした列車ではないため、運行距離は短いのですが、当時の面影を今に残す天然林の
風景をのんびりとお楽しみいただけます(説明文は、上松町観光協会ホームページより)



IMG_3603.jpg

森林鉄道に乗って、紅葉と桧木林、川を眺めながらの汽車の旅です。


追記です。

自然林の様子などは次回で投稿します。



スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: さぬき市林業研究会

tb: 0   cm: 2

コメント

研修旅行お疲れさんでした。
山が綺麗に手入れされていますね。
ここまで手入れするのは大変な作業ですよね。

岐阜、長野では山が深いですから手入れも大変です。
私の回りを見渡しても山仕事をされている方は
いないですね。

そちらの方は朝夕の冷え込みがきついので
紅葉が始まっているんですね。

寝覚ノ床は凄いですね。

kazuちゃん #DGmdjvvk | URL
2014/10/24 18:45 | edit

こんばんは

研修は県の職員の方に引率して頂き、研修先でも親切な説明者の方の配慮をして頂き大変有意義な研修でした。

赤沢自然休養林は、海抜1,000メートルから1,500メートルの所に位置してすでに紅葉の真っ盛りでした。

カズさんは近い所なのですぐに行けると思います。

寺澤さんは殆ど毎日山へ行って仕事をされていて近くの温泉の熱元として薪の搬入もしています。

退職後、山や田んぼ、海などで元気に仕事をしている姿はとても良いものです。

お互いに退職後の仕事に恵まれて良かったですね。 ・・・

みつばち #- | URL
2014/10/24 20:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/194-6bfd3cee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。