環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

米ぬかの散布  

米ぬかを手で散布しています。
雨が多いので田んぼがじゅるいのでライムソワーが使えず、田んぼが乾くのを待っていると年が明けてしまいます。

昨年の米ぬかの散布のブログです。 昨年まではすべて手で散布していました。

残りの田んぼが24アールなので手での散布になりました。
15袋を散布するのですが手作業では面倒な作業だとあらためて感じました。

IMG_3886.jpg

おけの中に米ぬかを袋の半分入れて じゅうのう で散布します。
田んぼの中ほどで無くなるので途中で米ぬかを桶に入れて散布してゆきます。

IMG_3887.jpg

米ぬかを散布中の田んぼです。
一度耕したのですが草と株から出た稲に覆われています。

これで1回目の米ぬかの散布はすべて終わりです。
125アールの田んぼに80袋程散布しました。

来年の桜の咲くころに45kg/10アールほど散布します。
無農薬田は田植え後、もう一度45kg/10アールの散布で除草剤は使いません。

手間のかかる作業ですが安心安全で美味しい米つくりです。


スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 農業

tb: 0   cm: 4

コメント

米糠散布お疲れ様でした。
ライムシーワを使われていたので、手での散布疲れたでしょう。
そちらはやはり温暖地なんですね。
特に乾く田んぼは草が生えるのも早いですが、こちらと比較に
成らないくらい生長が早いですね。
私も以前は15aの田んぼに堆肥を30袋手で撒いていましたが
腰に来ますね。

みつばちさんの米糠散布の記事を見るたびに
私も米糠栽培をやってみたくなります。
記事を見せて貰うと10a当たり150kgほどの
散布に成るのでしょうか。
健康ならば75歳位までは米作りも出来ますから
どこかで思い来てやってみたいです。

一つ質問なんですが田植え後散布、こちらでも一人の方が
田植え後散布していますが、発酵して根に障害が出ませんか。

kazuちゃん #DGmdjvvk | URL
2014/12/11 09:36 | edit

カズさんへ

米ぬかは秋から冬にかけて約100kg、桜の咲くころ50kg、田植え後5日目頃に50kgの散布です。

除草剤の代わりに田植え後の米ぬかを散布しています。

私の所では田植え後5日には次の葉が出ていますので根はすでに伸びています。

だからこれから芽が出ようとする草には影響がありますが稲には影響がありません。

手作り除草機で田んぼの中を掻き回すのが田植え後8日ですが、苗は抜けません。

除草剤を散布するのであれば田植え後の米ぬかは必要ないでしょう。

今からでも間に合いますからやってみてはどうでしょうか ・・・

みつばち #- | URL
2014/12/11 10:18 | edit

詳しい情報ありがとうございます。
あとはJAで入手出来るかを訪ねて見ます。
最近は入手困難だと聞いています。
元肥は秋ですか。
春先の散布で150kgは遅すぎるんでしょうか。

kazuちゃん #DGmdjvvk | URL
2014/12/11 12:50 | edit

カズさんへ

春先であれば100kgくらいの散布が良いと思います。
田んぼを改良するには年月が必要です。

少しずつ田んぼが変化するでしょう。

みつばち #- | URL
2014/12/11 19:10 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/216-5873fd62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。