環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

モミ蒔きでした ・・・  

4月18日(土) モミ蒔きをしました。

モミの温湯消毒から芽出しまでの作業内容です。

4月11日(土) モミの温湯消毒。 常温で浸水。
4月13日(月) 芽出たくんに入れて温度設定を15度にする。水の循環のポンプを回す。
4月16日(木) 昼過ぎ、芽出たくんの温度を27度にセットした。
4月17日(金) 朝、モミの芽が均一に出ていた。 昼、自然乾燥を始めた。

IMG_4869.jpg

モミ蒔き器です。 ダイヤルを調整することにより蒔き量を調整します。
購入当初は最少のダイヤルでもモミの量が多く出たのではぐるまを別注して薄蒔き出来るようにしました。

私の薄蒔きに対応出来ませんでした。

IMG_4874.jpg

苗箱1箱当たり1リットルの温水をジョロで散水します。
温水は苗土の温度を上げるためです。
さらに、モミ蒔きは天気の良い日を選び太陽熱により苗土の温度を上げます。

モミ蒔き器を押してゆくだけでモミが蒔けます。 18枚並べているので歩くだけで18枚です。

IMG_4881.jpg

1箱当たり芽だしモミで110グラム蒔きです。
手で蒔くより早くて均一に蒔けています。

IMG_4879.jpg

もう一台のモミ蒔き器で土を被せて行きます。
土は均一に蒔くために1度バックして土を入れて3往復します。
写真が3往復目です。  きれいに覆土されています。

IMG_4886.jpg

箱を積み終わったらビニールを被せて、むしろを被せてさらにシートを被せます。

IMG_4887.jpg

これでモミ蒔きは終わりです。
約4時間くらいかかりました。

昔ながらの苗つくりです。
30年くらい前からこのようにして苗箱を伏せて芽出をしています。

ビニールハウスが無いので気温が少し高くなってからの苗つくりです。
ビニールハウスが無くても苗つくりが出来るのでみなさんチャレンジしてみてください。

薄蒔きでがっしりとした苗つくりを目指します。


追記です。

今日は、従弟の法事に行ってきました。
昨年の5月の始めに59歳で亡くなりました。

後1年で退職するので農業をしながらのんびりと過ごすと言っていたのに早い死でした。
肝臓が悪くなっていたようです。

従弟の可愛い孫たちが走りまわって遊んでいました。

そのことを考えると私の場合、退職して9年目に入っています。

元気で過ごせることのありがたさを感じています。








スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 稲作

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/282-ac9de7c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。