環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

田中大池の池干しです。  

IMG_0715.jpg

40年程底ゆるを抜いていないので誰も底ゆるがどのようになっているのか分かりません。
土砂に埋もれて掘り出すのも大変な状態です。

しかし、底ゆるを抜かないと最後まで水を抜くことが出来ません。

IMG_0728.jpg

やっと、底ゆるを掘り出して、2か所ある水門を取り除け水が流れ出しました。
ゲンゴロウブナやオオクチバスを網ですくいます。

底ゆるの状態

土砂は、約50cm溜まっていました。40年間にしては、少ないかもしれません。
これから数日池干しです。落ち込んでいる木の取り除けや周りの木の伐採などを行います。


IMG_0817.jpg

このオオクチバスは46cmあります。口の大きささはこぶしが入るくらいです。
112匹のオオクチバスと18匹のゲンゴロウブナなどがいました。

ゲンゴロウブナは50匹あまり入れていたのですがだいぶ数が減っていました。

ゲンゴロウブナとナマズ

ゲンゴロウブナ全国的に数が減っています。
2年前に他の池の池上げ時に放流したのですが、期待に反して数が減っています。
春には沢山産卵して子供が生まれているはずです。

IMG_0881.jpg


4万トン程の水量の比較的大きいため池ですが、112匹のオオクチバスのためにフナの子魚
も他の小魚も全然生育していません。

誰かが放流した外来魚のために池の環境は変わってしまっています。
小魚はすべて食べられてしまっているのです。

ルアーフィッシングの楽しみのために本来の生態系を壊してしまって良いのでしょうか?
メダカは希少生物となり消え去ろうとしています。
スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/34-9f23e709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。