環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

大雨後の稲の様子 ・・・  

昨日の午後、突然の大風と大雨が降りました。
私の田んぼの稲も青々としていたので少しよどみました。

IMG_6608.jpg

家の前の無農薬田です。

IMG_6610.jpg

左側が大田町の無農薬田です。右側が小田町です。

IMG_6611.jpg

右側が私の田んぼ大田町です。
左側が4月16日頃に田植えをした稲刈り前の別の方の田んぼです。

IMG_6622.jpg

右側が県道より西側の北安治川です。

IMG_6623.jpg

県道より西側の安治川です。

IMG_6256_2015081812025600f.jpg

7月17日、1か月前の台風11号が通過した後の安治川の写真です。
手前右側の葉が長くて濃いです。

台風11号の通過後の7月17日には葉が伸びて青すぎて今にも倒れそうな状態でした、

ハイマグホスを1度散布して再度稲濃い部分に少し散布しました。
今では問題なく実っています。

やはり、ハイマグホスは稲の倒伏防止に役立つようです。
食味もアップします。

現在の様子が下から2番目の写真です。

今年初めて無農薬田にハイマグホスを散布していないので
食味と倒伏がどうなるか結果待ちです。
無農薬田は米ぬかと粒状油粕で育てました。
成分的にはハイマグホスを散布する必要がないはずですが ・・・


稲刈りまで台風や大雨が心配です。

田んぼの土もコンバインがめり込まないように乾かさなければなりません。

5月16日が田植えなので稲刈りは9月の上旬になりそうです。

あと18日くらい見守ります。



追記です。

県道から西側の田んぼ2枚には穂肥を散布していません。
川の水と香川用水の水を使っています。

葉の色が濃くて穂肥を散布出来なかったのです。
元肥に粒状油粕20kg/10a茎肥に粒状油粕20kg/10aと米ぬかを稲刈り後に90kg/10a
桜の咲く頃に45kg/10aの散布です。

来年はすべての散布量を少なくして穂肥が散布出来るようにしなければいけません。





スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 稲作

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは
こちらも不安定な天気が3日程続き今日は雨はないようです。

さぞかし心配されたでしょうけどさすが旨く栽培されて
全くなびく様なこともなくてしっかりと立っています。

一番下の角っこ普通だったら倒伏しているんでしょうね。
珪酸加里よりもハイマグホスの方が茎が固くなり
良さそうですね。

下の写真は別にして肥料が満遍なく撒かれているので
稲の長さも揃って色もほぼ一緒ですね。
豊作間違いないですね。

私の田んぼは出来が悪いので倒伏していませんが
近くの田んぼでは先日来の雨でまだ青いにもかかわらず
倒伏しています。

これから滋賀県に出かけます。
運転中はきょろきょろしては駄目ですが
ついつい田んぼに目がいきそうです。

無農薬田と普通田ハイマグホスの加減で
食味はどうなるんでしょうかね。

kazuちゃん #DGmdjvvk | URL
2015/08/18 15:22 | edit

カズさんへ
こんばんは

1年1作では寿命が足りません。
無農薬田の草が生えなくなるまでに8年かかっています。

みなさんの稲作の成果を集約すれば早く結果が判りそうです。

種もみの温湯消毒から始まって八十八回の手間をかけてになるのですね。

子供を育てるのと同じくらい手間が掛かり心配が多いです。

後は、食味がどうなるか楽しみです。

大田町(無農薬田)の隣は稲刈りをしていました。

みつばち #- | URL
2015/08/18 20:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/372-8fe12b90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。