環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

稲作と天候 ・・・ 雨量の推移から  

高松市の5月からの雨量の推移を気象庁のホームページから調べました。
稲作の記録と合わせれば面白い結果が出るのではないでようか?


5月の降水量
IMG_6812.jpg

5月16日(土)が田植でした。
5月23日 4葉芽 5月26日 5葉芽、5月30日 6葉芽 分げつ1本です。
田植後は良い天気が続いています。

5月の気象情報


6月の降水量
IMG_6813.jpg

6月3日 7葉芽 分げつ2本、6月7日 8葉芽 分げつ4本、 6月13日 9葉芽 分げつ9本
6月18日 10葉芽 分げつ14本、6月24日 11葉芽 分げつ19本
6月は気温が低く、雨ばかりで分げつが思うように取れません。 

6月の気象情報


7月の降水量
IMG_6814.jpg

7月2日 12葉芽 分げつ29本、7月11日 13葉芽 分げつ27本、7月17日 止め葉が出る 分げつ31本。
7月27日走り穂が出始めた。
7月30日 出穂。

31本の分げつが穂になったのは19本であった。
無農薬田は15本の穂であった。

昨年は24本の穂が出ていた。

7月は17日に台風11号が香川県を直撃。
強風と大雨に見舞われる。
4月中旬に田植をした方は出穂後の大風であったので穂擦れの被害が出る。

日照不足で穂になるまでの茎が充実しなかったようだ。
葉が出てもモミが多くつかない状態であった。

7月の気象情報


8月の降水量
IMG_6815.jpg

8月の中旬から後半は雨が多く日照時間が少ない状態が続いた。

稲穂が長く、丸く充実する頃に日照不足になりモミが細くなりくず米が増えた。

昨年は8月の前半が日照不足で不作であったが、今年は8月の後半が日照不足であった。
モミの充実を考えると後半に良い天気が続く方がモミが充実するように感じる。

8月の気象情報


9月の降水量
IMG_6816.jpg

9月4日、5日とわずかの晴れの日に稲刈りを済ませた。
稲刈りは綱渡りの作業となった。

5日までに稲刈りが終わらなかった農家の方は12日頃まで刈り取りが出来なかった。

田植が連休の頃であれば8月の前半の天候でモミが充実して少し多収になったと考えられる。

今年も稲作は化学肥料を使用しなかったことから必要な時期に肥効が現れなかったことや米ぬかと油粕だけの
有機質に肥料であったのでカリ成分が不足したかもしれません。

有機質肥料だけの稲作ではとても栽培が難しく、天候にも左右されるので肥料の効果が出る時期の
把握も難しく有機質肥料だけでの稲作に限界を感じています。

来年は米ぬか主体で化学肥料も少し使いながら油粕で補う程度の稲作にしようかと考えています。
田植の時期も5月10日頃にして8月の終わりには稲刈りをしようかと ・・・

9月の始め頃は、毎年雨が多いので綱渡りの稲刈りはやめにしたいです。



スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 稲作

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは
今日は雨降りで少しゆっくり出来そうです。
疲れがたまって眠いですが、何故か眠いのに昼寝が出来ません。

最近の異常気象とも思われる天候で、作物は今まで簡単に
栽培できていたが難しくなってきました。

今年のお米作りみつばちさん思う様に栽培出来なかった
様に推察します。
化学肥料ならうまく配合されて撒くだけでそこそこ収穫出来ますが
未発酵有機肥料は、気温雨などで100%発酵しきれていなくて
水稲が吸収できず水田に肥料が残った状態になっている様に
思います。

このことは野菜にも言えることで、私はいまは化学肥料は使って
いないので、完全発酵させたぼかし肥と未発酵の米ぬか
油かすなどを使った場合、ぼかし肥と比較すると季節で生育が
悪い様に思います。

化学肥料を少し使って初期の分けつ促進に当てるのも
いいかもしれません。

米作りもだんだん難しくなってきましたね。
でもなんとかしてと頭を使うことは脳に良いと思います。


kazuちゃん #DGmdjvvk | URL
2015/09/17 14:32 | edit

カズさんへ
こんにちは

早朝からの籾摺り作業と稲刈りで疲れがたまっているのでしょう。
疲れていると頭が興奮して寝れない時があります。

大規模農家さんは親子で稲刈りと籾摺りを分担しているので負担が少ないようです。

弟も昔は子供も小さくすべて1人で作業をしていたので寝る間も無かったようです。

分担作業を考えないと体がもたないでしょう。

今年は化学肥料の有難さを痛感しました。
未発酵の油粕の肥効を初めて試しましたが効いたかどうか判りません。

やはり、従来の作り方が正解のようです。
来年から、環境保全型農業直接交付金の受給は諦めます。

雪だるま式に増える受託作業。あまり無理をしないように ・・・

みつばち #- | URL
2015/09/17 14:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/393-6092fc8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。