環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

ロケットストーブ作り研修 ・・・ さぬき市林業研究会  

ロケットストーブの作り方の研修です。
昨日の稲刈り体験は、子供たちや若いお母さんが多かったですが、
今日はおじさんやおじいさんばかりの研修でした。

アメリカで開発されたロケットストーブは簡単に制作出来、熱効率が良くてとてもエコです。
災害現場での煮炊きや暖房にも利用できます。

IMG_7210.jpg

材料を並べてペール缶一個を使った簡易に煮炊きが出来るロケットストーブの説明です。

IMG_7212.jpg

ペール缶2個を使った暖房効果もあり煮炊きも可能なロケットストーブの説明です。
上部の蓋のペール缶を取って中が見えています。

IMG_7216.jpg

ペール缶の蓋にするためにふちを切り取っています。
向こう側では焚口を取り付けています。

IMG_7221.jpg

ペール缶の内側に設置する平トタンを曲げて穴を開けてビス止めします。

IMG_7222.jpg

保温用にパーライトを入れて蓋をすれば完成です。

IMG_7227.jpg

木を燃やしています。
炎は中に吸い込まれています。

IMG_7226.jpg

すべてのロケットストーブに点火しています。
完全燃焼しているので煙は出ていません。

IMG_7225.jpg

完成したロケットストーブの前で集合写真です。
簡単に作り上げました。

経験豊富な方たちばかりなので和気あいあいのうちに作ってしまいました。
煙が出ないのと簡単に燃えて燃料が殆どいらないので関心していました。

完成したロケットストーブは材料費の価格で販売したところすべて完売しました。

この研修会は、さぬき市林業研究会が「森林・山村多面的機能発揮対策事業」
で国の補助金を頂いての研修です。



追記です。

今回の研修は私が講師で実施しました。
昨年、インターネットで学んで自作したロケットストーブを見本に研修しました。

里山資本主義です。


スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: さぬき市林業研究会

tb: 0   cm: 2

コメント

昨日の稲刈り体験と雰囲気ががらっと変わりましたね(笑う)
でも皆さん楽しそうで説明にもすごく興味深く聞き入っているのが
伝わってきます。

友達が昨年からコシヒカリを作り始めました。
昨年は余り美味しくないと話してくれました。

今年のコシは特別美味しいとメールが来ていたので
うちのコシ一度食べて欲しいとお米を渡しました。

うちのと比べると噛んでしばらくすると甘みが少し出てくると
メールをもらいました。
米ぬか、有機肥料のお陰だと思います。

先ほどメールが来て炊きだち美味しいのは分かるけど
残ったご飯、冷飯がもっちりとして粒がしっかりしているの
なぜと聞いてきました。

私もそれは実感していました。

その話はみつばちさんから確か聞いた用に思うんですが、
誰からか聞いたのを忘れました。
化学肥料との差がこれだけ違うんだと実感しました。

2年、3年と続けるともう少し美味しくなるんだろうなと
楽しみにしています。

kazuちゃん #DGmdjvvk | URL
2015/10/13 12:59 | edit

カズさんへ
こんにちは

ネットで調べて実践して翌年にはみんなに教えているのには
驚きです。
それでも楽しいです。

米ぬかを散布したお米は冷めてからの方が美味しく感じます。
冷めたごはんを電子レンジで温めると甘味が増すように思います。

米ぬかと有機だとなお良いと思います。
微量要素が影響しているのでしょう。

1年で美味しく、結果が出たのだから続ければもっと美味しくなると思います。
楽しみが増えましたね ・・・

米屋さんから米ぬかが出来ていると連絡があり34袋持ち帰ったところです。
来年に向けての土作りが始まります。

みつばち #- | URL
2015/10/13 14:11 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/410-33645560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。