環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

ため池の管理  

19番目に管理することになった、ため池の水を抜いて点検をしています。
池の堤の内側の補強工事をしてから20数年間 受益者が少ないこともあって
管理がきちんと出来ていませんでした。

昔、ため池を改修した時のお年寄りが居なくなり、後継者に状況の説明をしていなかったためです。
後継者がやっと退職してため池に目を向けるようになりました。

IMG_7780.jpg

ゴム長靴を履いて底ゆるがある場所を探しています。
結果的にこの池には底ゆるがありませんでした。

改修した時に底ゆるを設置するべきであったと思います。

IMG_7782.jpg

底ゆるが無いためにサイフォンで水を抜いて後は、エンジンポンプと水中ポンプで
水をぬかなければなりません。

IMG_7784.jpg

かなり大きめのフナが沢山いたのでついでに手網を持ってきてフナを捕りました。
水が無くなるとアオサギがやってきて魚を食べてしまうからです。

100匹くらい20cmから30cmくらいのフナが捕れました。
すべて別のため池へ放流しました。

IMG_7785.jpg

池の底水の中でフナが泳ぎ回っています。
夏場であれば酸欠で死んでしまうところです。

IMG_7802.jpg

サイフォン管の右側の先がヘドロに埋まって水が出なくなり、左側の管に繋ぎ代えています。
業者さんに来てもらい右側の管と左側の管のどちらからでも排水出来るように
止水弁を付けてもらうように依頼しました。

底水の排水が出来ないのでヘドロが溜まる一方です。
水が沢山溜まっている時に右側のサイフォンで泥水を水路に流す予定です。

明日の日曜日にはみんなで池の周りの木を切って処分する予定です。
ため池の数が多いと少しずつため池の検査と手入れをしてゆかなければなりません。

何年かかるか判りませんがため池の管理者がやる気になった時にお手伝いをします。
きちんと記録を取って管理をしてゆけば後継者に繋げてゆくことが出来ます。




スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは、とても寒い一日でした。
池干しご苦労様でした。

底ゆるって何かと思い、検索してみました。

樋、こちらではゴウと言います。

全く設置してないんですね。
池改修した20年前に付ける必要がないと判断されたんでしょうね。

満水からこの状態までサイフォンで? ポンプで
抜いたんでしょうか。

堤の内側ブロックを積んでいるのでしっかりとして
安心ですね。
大事な水瓶ですから利用されるみんなが真剣に取り組まないと
大変なことになりますからね。


kazuちゃん #DGmdjvvk | URL
2015/12/19 16:37 | edit

カズさんへ
こんばんは

いちばん下の写真に写っている右側のサイフォン管で水を抜きました。
サイフォン管の位置が高いのでヘドロは吸いませんが水位は下がりません。

みんなゴム長も持っていないしチェンソーの使い方も熟知していない
のでお手伝いをすることになってしまいます。

私の体がいくつあっても足りません。
おまけに事務作業もしなければなりません。

妻とのんびりと過ごしたいのにそうもゆきません。

いろんな作業で後継者を少しでも多く作ってゆかなければなりません。

やはり、年金農業者がいないと農業施設の管理は出来ないようです。
みんなで機会がある毎に言い続けなければいけないようです。

協力をお願いします。

みつばち #- | URL
2015/12/19 18:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/454-71ed6008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。