環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

農業者との意見交換会  

農業委員会が主催の「農業者との意見交換会」が開催されました。
全国の農業委員会が一体となり「農地と担い手を守り活かす活動」を実践しており、
農業者との意見交換会が開催されました。

IMG_7822.jpg

意見交換会の内容は
1.農地利用集積について
2.遊休農地対策について
3.鳥獣害対策について
4.地域における問題点等について
  でした。

IMG_7821.jpg

農地の利用集積についてでは
 農地管理機構は、農地の斡旋について、隣接農家の斡旋を第一に考え、
次に新規就農者を考えたいとのことでした。

田んぼを2枚ほど隔てた担い手には農地管理機構としては前者を優先するので
斡旋出来ないかもしれないとのことでした。

 もし、貸し手との間で話し合いが出来農地を貸借するのであれば
農業委員会に申し出て契約を結んでくださいとのこと ・・・

その場合、経営転換協力金が貸し手には入らなくなるとのことでした。

IMG_7820.jpg

政府は農地の利用集積を考えており、担い手や農業法人に農地を集積したいようでした。

私は、農地の利用集積を図る農地利用型の大規模農家や特殊な作物
「イチゴ」「トマト」「花き」など収益型農家、退職後の年金農業者
の3者を育んでほしいと話しました。

農協の営農担当者は3者を対象にそれぞれの営農指導をしてほしい。

特に、ため池や水路、ポンプ施設などの農業施設の維持管理には
年金農業者でないときめ細やかな対応は出来ない。
農業施設が有効に利用できないと大規模農家も成り立たないと話しました。

大規模農家は水管理や草刈りなどきちんと出来ないのでの地域のお年寄り農業者に
お願いして管理をしてもらい増えた収益部分を還元するように ・・・

政府が考えている農地集積と我々が考えていることと内容が違う、農地中間管理機構の方は、
政府の考えを我々農家に押し付けるのではなくて現実の状況を
政府に申し出てほしいという意見もありました。



追記です。
初めてこの会議に出席したのですが、政府の新しい施策を知ることや、地区内の農家の方の
考えを聞き対応方法を学びたいと参加しました。

政府の施策を実行したいが書類整理が面倒で取り組めないとの意見が多くありました。
補助金を頂くのであれば書類整理や証拠写真の整理は不可欠であります。

そこの所がネックになっていると思いました。

お百姓さんが農作業に疲れて、楽しみの晩酌をして後の、事務作業はちょっと難しいかもしれません。


スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 農業

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは
こういった会合があることを始めて知りました。

政府が進めている政策と一般農業者の思っていることは
かけ離れていて、両者の間の溝が埋まりにくいように思います。

みつばちさんが述べられた意見が、たとえ1つでも聞き入れ
られて、それが実現されると我々のような農業者は
もう少しがんばれる意欲も沸いてくると思います。

今年初めに認定農業者の申請書をもらってきました。
途中まで書き始めましたが、イヤに成り今はそのままに
しています。

保証金は助かりますが、何か縛られるような気がして
気が向かなくなりました。

補助金目当てだけの申請、納得できなくなってきました。
自由に農業をする方が楽しいです。
私って変わっているんでしょうか。 (笑)

kazuちゃん #DGmdjvvk | URL
2015/12/25 13:10 | edit

カズさんへ
こんばんは

補助金で農機具を購入すると使用実績が必要になると思います。
田んぼの条件に合わない作物を作ったり、直蒔きで稲作をしたり
と後が大変です。

本当に必要なものを補助金を利用して購入しなければなりません。

政府は予算の消化を考えているので予算が余ればどうしても
使おうと考えます。

そこで無駄な予算が無理やり使われるのです。

年金農業者は自由に百姓をしている方が楽しいです。

業がかかわってくると企業感覚になるので楽しい百姓ではなくなります。

会議の席で年金農業者の必要性を訴えてゆかなければなりません。

政府の役人はTPP対策の農業しか頭にないかもしれません。
現場のことは判らないでしょう。

認定農業者になると会議などで発言の場所が増えるかもしれません。
しかし、認定農業者になるための計画書に振り回されることもあります。

ブログで百姓のあるべき姿を発信することが効果があるかもしれません。

みつばち #- | URL
2015/12/25 19:28 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/456-af6aa442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。