環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

ため池の診断 ・・・   

7月1日(金)に水漏れが見つかったため池の診断業務をしました。
朝の8時30分から状況の診断です。

余水吐のコンクリートの周りにも浸食が進んでいて底のコンクリートも劣化しています。
余水吐のコンクリートを取り除いて補修をしなければいけない状況でした。

IMG_9014.jpg

余水吐の状況を診断しています。

IMG_9015.jpg

コンクリートの周りにも浸食が進んでいます。
ため池の底の土が余水吐の下の穴から流れ出ています。

IMG_9017.jpg

ため池の堤の水際も浸食されています。




IMG_9018.jpg

サイフォン管の水の吸い込み口の確認をしています。
吸い込み口にフロートを付けて遺物が流れ込まないように網の設置も必要です。

ゴム長が役に立っています。
ため池の管理をするためにはゴム長は必需品です。

IMG_3185_201607061104206f5.jpg

仮設のホースで水を排水中です。
50mmのパイプですがなかなかの量の水が流れ出ています。

IMG_9026.jpg

サイフォン管の仕切弁を交換しています。

IMG_9029.jpg


IMG_9030.jpg

仕切弁を交換して、仕切弁から10メートルくらい水中にパイプを伸ばしました。
パイプの先端は曲がりをつけて斜め上にパイプを少し立ち上げています。
先端からエヤーがが入らないようにするためです。

IMG_9031.jpg

排水が進んで、ため池の水が少なくなってきました。
これで一安心です。


ため池の堤に生えていた木を切ったものが池の底に見えだしました。
この池も冬場に周りの木を伐る予定にしました。

倒木の取り出しもしなければなりません。

19箇所も管理しているため池があるので少しずつしか手入れが出来ません。

それでも少しずつ前に向かって進んでいます。

補修をしてゆくことで地域が安心安全な状況になってゆきます。


それぞれの地域の人々のたゆまない努力で安全な生活が保たれています。





スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは
大変な工事になりましたね。
もし気づいていなければ大変な事になっていたんでしょうね。
サイフォン式の池は何ヶ所かあるんですか。
以前紹介してもらった池はもっと大きい印象を
もっていました。

取りあえず一安心ですね。
先日のコメントで書きましたが19ヶ所全て鴨部東が
管理されているんですが。

kazuちゃん #DGmdjvvk | URL
2016/07/06 14:28 | edit

カズさんへ
こんばんは

暑い日が続いています。

サイフォン式は10箇所くらいでしょうか ?
ため池が3個ぐらい上流に向かって並んでいる場合上のため池にはサイフォン管が無い場合があります。

昔ながらのゆるで栓を抜く型式だと面倒で利用しないと考えられます。

今回のため池は上流の水路の水の影響でため池の堤がえぐれている所です。
今年の秋に修復を予定しています。

多面的機能支払制度が始まる前は管理が殆ど出来ていなくて堤に大きな木が生えていたため池です。

19箇所のため池は基本的に地元水利が管理し草刈りをしています。
点検とか診断業務は鴨部東が実施しています。

今回のように問題が発生した場合は地元水利の方とともに対応をしています。
費用が発生する場合は鴨部東が中心になって対応します。
木の伐採などは常に参加しています。

チェンソーの刃の研ぎ方を知らない農家の方が木を切っても仕事がはかどらないのと危険だからです。

林業研究会での作業の経験が役にたっています。

みつばち #- | URL
2016/07/06 22:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/526-a2abe5f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。