環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

稲刈り最終日 ・・・ あっけなく終わった  

8月31日(水)例年になく8月中に稲刈りが終わりました。
田植えが5月8日(日)頃で例年より1週間早く植えたので計画通り8月末で稲刈りが終了。

やはり、9月3日(土)から台風の影響で雨が続きそうです。

こんなにも予想が当たったのは珍しいですが、過去の天気の統計を利用しただけのことです。

IMG_9328.jpg

安治川の外周2周り目です。

IMG_9330.jpg

田んぼ2周りでタンクがモミで一杯になります。
田んぼの畔側ほど収量が多いようです。
タンク一杯で約300kgくらい入っています。

フレコンの1300を2個並べて前に2杯分、後ろに1杯入れて弟の所の乾燥機に持ち込みます。

IMG_9334.jpg

慣れてくると走行をオートにして自走させながら私が別の場所から撮影しています。

IMG_9337.jpg

運転しながら上からの撮影です。

IMG_9338.jpg

最後の3列です。
ツバメが多く飛び交っています。

IMG_9339.jpg

最後の列も自走させながらの記念撮影です。

今思うと、私にアクシデントがあって(飛び降りた時に足をねんざするとか)
コンバインにたどり着かなければ
コンバインは畔を超えて水路へドボンと落ち込みます。


後日、近所中のうわさになります ・・・

やはり、コンバインを止めてから撮影するべきであると反省しています。

今日の稲刈りは23アールと24アールの2枚でした。
しかも、24アールの方は大雨の前に1袋分刈って済ませていました。

そんなことで余裕を持って作業を終了してコンバインの洗車まで終わらせました。

収量については見かけほどは有りませんでした。
坪45株で1から3本植えでは肥料を多めにやらないと分げつが取れないのかと ・・・

米ぬか140kg/10アールと元肥に10-10-10を10kg/10アール、穂肥に尿素を少量では
肥料が少なかったかもしれません。
6月と7月の初めにかけて雨が多かったので田んぼに水を入れる必要が殆ど無かった
ことで流入水からの肥料分が不足したのかもしれません。

通常であれば葉の色が青くて穂肥がやれない安治川に穂肥の尿素を散布することが
出来たのも珍しいことでした。

ため池の水を利用している無農薬田は茎肥にも尿素を散布していたので少し収量が多くありました。
収量が逆になったのは長年作ってきて初めての経験になりました。

流入水の肥料分の事まで考えていなかったことが今年の反省点になりました。

7月、8月と良い天気が続いたのでお米は実張りの良い美味しいお米に仕上がりました。

今日の昼ごはんに試食してみました。

甘酒を作っていたので甘酒の味見をした後の食事でしたが、新米は甘味があって美味しくいただきました。
やはり、米ぬかを入れ続けた田んぼの成果でしょうか ・・・


追記です。

IMG_9326.jpg

雨が2回ほど降ってカラカラになっていた地面に雨水が吸収されたとたんに夏ズイセンが
にょきにょきと伸びてきて花を咲かせました。

以前に投稿した夏ズイセンは椿の枝の下の日陰で咲いていました。

カラカラの地面の中で雨を待っていたようです。

球根の生命力は凄いですね ・・・






スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 稲作

tb: 0   cm: 4

コメント

みつばちさん、こんばんは。
台風接近前の稲刈り終了、お疲れさまでした。
無事終了、なによりでした。

今年の反省と、来年の展望しっかりとされてますねぇ~

夏水仙、我が家でも咲いてます。可愛らしいですね。

ミジンコ #- | URL
2016/09/02 21:48 | edit

ミジンコさんへ
こんばんは

台風が接近していますね。
稲刈りが終わっていると安心して過ごすことが出来ます。

気象状況と稲作はとても関係が深いので対応が難しいです。
それでもお互い、無事収穫が終わって何よりです。

冷えても美味しい新米を味わいながら食べています。

そちらでも夏水仙咲きましたか。
可愛くて心が癒されますね ・・・

みつばち #- | URL
2016/09/02 22:58 | edit

こんばんは
稲刈りが終わりのんびりされているんでしょうね。
もう今年の反省されているんですね。
やっぱりみつばちさん、有機肥料は難しいですよ。
化学肥料は安定して収穫出来ることが分かりました。
でも一発肥今年は前半と後半ではあまりの気温の高さで
肥料の溶け出しが変わったように思います。
後半分の倒伏は私の判断ではどうも溶け出す時期が
早くなったんではと思います。

自走させながらの写真撮り無茶しますね (*^▽^*)
降りるとき万が一転んでしまったら大変なことになりますよ。

それと前の記事に書かれていましたが、自分が刈り取りしていると
草の多さとか確認できますね。
人に刈り取りしてもらうとその辺が分かりづらいです。
秋起こし迄はゆっくり出来ますか。






今日は朝6時頃より9時頃まで雨が降りました。

kazuちゃん #DGmdjvvk | URL
2016/09/03 20:21 | edit

カズさんへ
こんばんは

忙しいなかコメントありがとうございます。
有機肥料は成分の判断が難しいと思います。

おっしゃるとおり溶けだすタイミングが気温によって変わってきます。
車の自動運転と同じでやはり人間の判断の方が正しい場合が多いと思います。

カズさんは多くの田んぼの刈り取りとモミすりをしているので
いろんな状況が分かるでしょう。

多く収穫出来た田んぼの作り方を聞くことで学ぶ事が多いのではないでしょうか?

疎植栽培だと多収まで持ってゆくのが難しい気がしますがいかがでしょうか?


みつばち #- | URL
2016/09/03 20:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/544-69918007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。