環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

ため池の底ゆるの閉鎖  

池干しをしていたため池の底ゆるを閉鎖しました。
昔のため池はハンドルがついていないので開け閉めが大変です。

IMG_9698.jpg

底ゆるの板と板の間の砂を取り出しています。
2箇所の板の下側の板は取り出さずに残していました。

IMG_9699.jpg

この穴掘りのための道具はとても便利です。
土を簡単に取り出すことが出来ます。

IMG_9702.jpg

砂を取り出した後、粘土質の泥を固めながら入れてゆきます。
粘土質の泥は水漏れを防ぎます。

IMG_9704.jpg

閉鎖が終わりました。
来年は、この底ゆるをハンドル式に改修して堤の内側に階段を付けて作業がし易いように工事をします。

事業は多面的機能支払制度の長寿命化の事業で行います。

工事のための測量も終わりました。

IMG_3777_20161029145305218.jpg

ため池の全景です。

すぐ上に予備のため池があります。
2つのため池で下流の約7haの水をまかないます。

下流の住民の防災にも役立っています。

稲作は大量の水を必要とします。

農業のための農業用施設のには莫大な費用を費やしています。
きちんと管理をしてゆかなければなりません。

農業用施設の管理のことまでお米の値段に含まれていなければなりません。

どう考えてもお米の値段は安すぎると思います。

消費者の方は少しでも安い方が良いかもしれませんが農家がつぶれてしまえば

安心安全な美味しいお米を食べることが出来なくなります。

ここのところをみんなで考えなければなりません。





スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 鴨部東活動組織(多面的機能支払制度)

tb: 0   cm: 4

コメント

こんばんは、お疲れ様です。
ため池改修工事、計画的に進んでいますね。
費用はたくさんかかりますが・・・
米価には反映しませんねぇ~

農業施設の管理は次第に難しくなりますね。

ミジンコ #- | URL
2016/11/02 22:03 | edit

ミジンコさんへ
こんばんは

ため池が沢山あるのでいくら費用があっても足りません。
それでもちょくちょく改修をして大規模改修にならないように
心がけなければなりません。

農業施設があっての米作りですから米価に反映させるべきだと思います。

農家が規模拡大するにしたがって農業施設の管理は難しくなります。

必然的に農家の数が少なくなるからです。

みつばち #- | URL
2016/11/02 22:32 | edit

おはようございます。
作業お疲れ様でした。
今日も秋晴れのいいお天気です。
ゆるの構造はこうなっていたんですね。
昔はこれで間に合っていたでしょうが、今となっては時代に
沿わないですよね。
多面的事業で新しく設置されると安心かつ便利になりますね。

kazuちゃん #DGmdjvvk | URL
2016/11/03 09:15 | edit

カズさんへ
おはようございます。

池干しを全くしないのであれば底ゆるの形状もあまり関係ないのですが、
きちんとしたため池の管理をするのであれば便利な方が良いです。

これからは、水の提供だけでなく、ため池の利用についても考える必要があります。

スジエビの釣り餌の利用やモロコやヘラブナの食材としての使用が考えられます。
それには、ブラックバスが居ないことが条件となります。


みつばち #- | URL
2016/11/03 09:33 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/568-66df3a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。