環境保全型農業の部屋ブログ

定年後、環境にやさしい農業と地域活動をしています

稲の2号分けつが出ました。 いい根とは・・・  

IMG_2381.jpg

3葉芽から2号分けつが出ています。6葉芽はまだ伸びきっていません。

IMG_2380.jpg

私の無農薬米ぬか田の稲が、右の2株です。左の2株が隣の田んぼの方の稲の根です。
右の2株は、白い長い根をしています。

有機栽培だと白い根になります。それは、土の酸性が強いと葉から送られてきた酸素と
土の中の鉄分と結びついて(酸化されて)、サビとなって根のまわりに薄皮のように張り付いて
赤くなっています。

白い根だと葉から送られてきた酸素が鉄と結合しないから、根のまわりに有用な微生物が増殖する。
有機物を分解して稲に有益な物質を作ってくれる。それが有機の米の味の良さにつながる。
(有機栽培のイネつくりより)

IMG_2378.jpg

無農薬米ぬか栽培米の田んぼ。浮草に蓋われています。

IMG_2377.jpg

田植え後2週間で30アールの田んぼの半分くらいに広がっています。この浮草と微生物による
濁り水で草を抑えます。 浮草の下の水は一般のたんぼに比べて水温は低いです。

水温の影響は判りませんが水入れは朝の間に入れるようにしています。

IMG_2385.jpg

太陽が沈むとオオマツヨイグサの花のお出迎えです。花開いてゆく様子がわかりますよ・・・








スポンサーサイト



ーーーーーーーー
今回の記事を読んでいただいてありがとうございます。
参考になったと考えてくださる方はお手数をおかけしますが
ブログランキングの応援をお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 コメントもお待ちしています cm: からどうぞ ・・・







category: 稲作

tb: 0   cm: 1

コメント

おはよう御座います。
リンク張らさせて頂きました。
私は米づくりは約30年ほどですが、自分で覚えた事は
穂肥を施す時期の幼穂の確認くらいでしょうか (^▽^)
それも今は一発肥に成りましたので必要ないかもです。
野菜作りのブログから米づくりを追加して、お出合いする
ブロガーさんが皆さん豊富な知識をお持ちで、皆さん努力されている
姿を見て勉強不足だと痛感しています。

有機栽培だと野菜もそうですが根が全く違いますね。
無農薬だと浮き草がこんなに発生するんですか。
私の回りを見てもこんな田んぼは見かけません。
慣行栽培よりも水温が低いのがどう影響されるか
興味津々ですね。
いろいろご指導下さい。

kazuちゃん #DGmdjvvk | URL
2014/05/28 07:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://farmer803.blog.fc2.com/tb.php/95-0449fd9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フリーエリア

ようこそ

カテゴリ

アルバム

カレンダー

天気予報

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私のブログに訪れていただいてありがとうございます。